陶器 | 陶器と磁器

サイトTOP -- 陶器と磁器

陶器と磁器

焼物は、磁器と陶器の二つに分けることが出来ます。
磁器と陶器、わかり易いものでいうと磁器は伊万里焼に代表されるような肌の白いつるりとしたシャープな器、陶器は備前焼に代表されるようなザラザラぽってりとした器です。
磁器は成分的にいうとガラスに近く、太陽にかざすと光が透けて見えますが、陶器は光がすけることはありません。 磁器と陶器の大きな違いの一つに吸水性の有無があります。磁器には無く、陶器には有ります。 陶器は水の中につけておくと軽石やスポンジのように水分を吸い実際に使っていると、湿り気や水分を含んだり、乾燥をしたりと様々な状態になります。
無機質で硬いイメージのある陶器ですが、ひっそりと呼吸をしている生き物の様です。 陶器は扱い方や周りの環境に大きな影響を受け気持ちを込めて接すると、それに応えるかのような表情を見せ始めます。

その他の焼き物

焼き物は原料と製法の違いによって「土器」「石器」「陶器」「磁器」の4種類に分類できます。
また、この順番で発達してきましたが、現代使われる食器は陶器と磁器が大半を占めています。

・土器

人類が初めて作った焼き物の原点で、粘土を原料として、無釉、素焼きで、700~800度の低温で焼成されたものです。
もろくて水漏れするため食器には向きませんが、植木鉢や焙烙としては活躍します。 最も原始的な焼き物で、歴史が古く、日本でも1万年以上前の縄文土器が始まりと言われています。
4種類の焼き物の中では、一番単純な製作過程で作られています。

・石器

陶器と磁器の中間的存在で、吸水性のない素土に釉薬のかかっていない焼締めと呼ばれる焼き物です。
アルカリや鉄などを多く含む粘土を使い、1200~1300度の高温で、長時間かけて焼かれます。 吸水性がない素土ということが陶器と異なり、不透光であることが磁器と異なります。
備前焼、常滑焼、信楽焼、萬古焼、伊賀焼などがあり、その地方ならではの土の持ち味をいかし、独自の焼き方を開発しています。

・陶器

厚みがあり温かみのある素朴な風合いで、吸水性のある粘土質の素土に紬薬を施し、磁器よりも低い1100~1200度で焼かれたものです。
不透光性で、貫入などの手づくりの良さが出やすくぬくもりがあります。 素焼きした後、下絵付け、施柚、本焼きで完成します。
織部、志野、益子、相馬、笠間、薩摩、唐津、萩焼など全国いたるところで焼かれ、それぞれ特徴ある手法で作られています。

・磁器

焼き物の中で最も優れた性質を持ちます。
土ものと呼ばれる陶器や土器に対して、こちらは石ものと言われます。 原料は、石の粉に粘土や石英などを混ぜた陶石です。 素土が白く、吸水性がなく、光りにかざすと透ける焼き物で、1300度前後の高温で焼くため、高度の技術を要します。
また端正な形に色絵が施され、製作には最も手数がかかります。 吸水性がない上釉薬をかけているので、長く使っても汚れや臭いがつきにくく、薄手ですが陶器より軽くて耐久性もあるため、日常の器に最適といえます。
有田焼、美濃焼、瀬戸焼、九谷焼、清水焼、砥部焼などが代表的なものです。

陶器と磁器



HOME | 陶器の食器 | 器の手入れ | 器の選び方 | 陶器の産地 | 技法 | 陶器と磁器