陶器 | 技法

サイトTOP -- 技法

技法

刷毛目

素地に、白泥土を刷毛で一息に塗ったもの。 刷毛引のあとがスピード感にあふれ、一種の装飾となる。 李朝期の高麗茶碗に多く見られます。

上絵付

一度釉薬を掛けて本焼した後に、絵を描いて低火度で焼きつけたもの。

下絵付

釉薬を掛ける前に、直接素地に絵付を施したもの。 逆に一度素地に釉薬を掛けて焼いてから絵付を施すのを上絵付といいます。 下絵付は焼成が高火度のため、色数が少なく、染付がその代表です。

生掛け

施釉技法の一つで、素焼のまえに釉をかけて吸水させると、素地が強くなり、効果的に装飾ができます。 釉を杓でかける方法と、釉の入った桶に全体を浸す方法とがあります。

轆轤目

素地の加飾技法の一つで、ろくろを回転させて素地に指、へら・かんななどで筋状の痕をつけながら、装飾的な柄に仕上げます。

吹墨

絵付技法の一つで、水に溶いた絵具や呉須を霧吹きや細かい目のふるいに硬毛の筆を手早くこすって霧状にし、素地面に模様を付着させます。

叩き成形

成形技法の一つで、粘土を板でたたき締めながら、形を作ります。

象嵌

素地に文様を彫り込んだり押印したりして、そこに素地とは異色の泥を塗り込めて装飾としたもの。 象嵌青磁といわれる高麗青磁の一種や、三島手などがその代表例です。

摺絵

絵付技法の一つで、模様を彫った型紙を素地にあて、呉須絵具などを付けた刷毛やたんぽんなどを上から摺りつけて着彩します。

化粧掛け

黒っぽい素地の外観を白く見せるために白色の陶土を掛けること。 特に絵付をする場合など、黒っぽい素地ではひき立たないので、化粧掛けを行います。

技法



HOME | 陶器の食器 | 器の手入れ | 器の選び方 | 陶器の産地 | 技法 | 陶器と磁器