陶器 | 器の手入れ

サイトTOP -- 器の手入れ

器の手入れ

陶磁器というように、焼き物には陶器と磁器があります。 なかでも陶器、特に土物と呼ばれるものはとてもデリケートです。 焼き物の扱い方をご紹介します。

・器を買ったら高台を確認しましょう。

陶器の高台は、ザラザラしている場合があります。 そのまま使用すると、テーブルなどにキズを付けたり他の器に傷つけることもあります。 ザラザラしていたらサンドペーパーや砥石等でこするなどして滑らかにしてください。

・ラベル・シールを取りましょう。

器にラベルやシールが貼られていたり汚れていることもあります。 使用前にぬるま湯にしばらく浸けておき、ていねいに洗ってください。 お湯で充分に洗い流し、スポンジなどを使って、器についた汚れを洗い流します。
この場合、色絵や金彩などの器は傷が付きやすいので注意しましょう。

・器を使う前に水につけましょう。

陶器は、料理や飲物の汚れがしみ込みやすいので盛る前に水に浸しておき、かるく拭いてから盛り付けします。 使用前に水分を吸わせると、料理の汁や油また茶渋、シミ等がつきにくくなります。
赤絵や金彩などの上絵付が施されているものは、酢のものは上絵が酢で変色することがあります。 焼き締めのうつわに魚料理をのせると生臭さがついてしまいますので、使用前にキッチンペーパーなどに軽くサラダ油を含めコーティングすると匂いがつくのを防ぐ効果があります。

・使用後はなるべく早くお湯で洗いましょう

使用後に長時間浸しておくと、汚れや洗剤が染み込んでしまい、カビ、シミや臭気を発生する原因になりますのでご注意下さい。 汚れが付着した時は、薄めた漂白剤に浸すのが効果的です。 漂白後はにおいがなくなるまで十分にすすいでください。 それでも漂白剤の匂いがとれない場合は煮沸してみてください。
上絵や金彩銀彩、プリントがなされているうつわを漂白すると変色してしまう可能性もありますので軽く洗う程度のお手入れにとどめてください。

・レンジでの使用に注意しましょう

釉薬ものは溶解や変色のおそれがあるので、電子レンジは使わない方がいいでしょう。 金銀彩が入っている器は、その部分が黒ずんだり、はがれたりすることがあります。 貫入のある器はレンジで使用すると割れることがあり、何度か使って割れなくても、もろくなって自然に割れてしまうこともありますのでご注意下さい。

器の手入れ



HOME | 陶器の食器 | 器の手入れ | 器の選び方 | 陶器の産地 | 技法 | 陶器と磁器