陶器 | 急須・土瓶

サイトTOP -- 陶器の食器 -- 急須・土瓶

陶器の食器 - 急須・土瓶

急須も土瓶も注器ですが、取手が横についているものが急須、ツルが上についているのが土瓶です。
主に急須は煎茶を、土瓶は番茶などをたっぷり飲むときに使います。 注器は、特に注ぎ口が大切なポイントで、水切れのよいものを選びましょう。
急須の場合は、内側の茶こし部分の穴が細かく、あまりふくらんでいないものを、土瓶は穴が大きく、ふくらみのあるものを選ぶといいでしょう。 持ちやすく、蓋がピッタリ閉まり洗いやすく乾きやすいものを選ぶこともポイントです。
昔から急須の窯として知られる常滑焼や万古焼では、機能的で使いやすい急須が作られています。

急須

急須が違うだけでもお茶の味が変わることをご存じですか?
胴と蓋がぴったりと合い、すり合わせ(急須本体に合うフタを造るため、一つ一つ急須とフタを磨り合せている)が上手く出来ている急須はフタのガタツキがありません。 取手が持ち易い長さと太さであり、バランスよく注ぎやすい最適な角度につけられているものが良いです。 「注ぎ口」は計算された大きさ、角度、先端の切り具合によりお茶切れがよくなります。
最後の一滴までしぼりきるため、重量が軽い方が扱いやすいでしょう。

土瓶

陶器製の物には直接火に掛けられる物があります。
基本的な形状は湯を溜める胴部に注ぎ口が付いており、その胴の肩の両側に耳をつけ、両耳の間につるを掛け渡し、持ち手とします。 熱を伝えにくい別材(竹材や藤材)が付いていることが多いです。
蒸し料理の土瓶蒸しにも用いられ、高温の土瓶を置く際には、土瓶敷きが用いられます。 かつては欠かせない生活用具の一つとして平均的家庭に必須の食器でありましたが、現代における金属製のやかんの普及や、 昭和末期から平成時代にかけての魔法瓶や電気ポット、ペットボトル入りの茶製品の普及によって、土瓶の需要は大幅に減りました。
しかし、急須と同じ用途や先述の土瓶蒸しの容器として用いられることについては、昔と今でそれほど変化はありません。

介護施設の選び方 http://www.caresumai.com/

急須



HOME | 陶器の食器 | 器の手入れ | 器の選び方 | 陶器の産地 | 技法 | 陶器と磁器