陶器

陶器

陶器

主原料は粘土を使用し焼成温度が土器より高く、非透光性で若干の吸水性がある焼き物を陶器といいます。
「土もの」ともいわれ暖かみのある質感で、磁器より低い温度1000~1200度前後で焼かれています。 温度差に強く熱くなりにくく冷めにくいのが特徴です。 シミや匂いがつきやすく、欠けやすいのが難点です。
陶器の素地は多孔性で、吸水性がありますが器物を不透過性にするために釉薬でコーティングしてあれば水はほとんど通しません。
古い時代からつくられているので種類は非常に多く、組成から石灰質陶器、珪酸質陶器、粘土質陶器、長石質陶器、石灰‐長石質陶器、滑石質陶器に大別され、それぞれ特有な性質をもっています。


食器

魅力

焼き物は、奥が深く個性豊かな陶器には作り手の想いがたくさんつまっています。 焼き物とふれあうごとにその魅力、何と言っても「土」からくる温かい味わいは心癒されることでしょう。
毎日使うものだから、こだわりのある陶器の器を揃えてみませんか。 自分だけの器で飲むコーヒーやお茶、自分の作る料理に合ったイメージの食器など、陶器を使う喜びも魅力の一つです。
土の素材は、陶器として、とても優しく馴染み、使い勝手のよさがたくさんの人たちに好まれています。


食器

~焼とは

美濃焼や常滑焼の「~焼」は、粘土は環境や場所によって成分が変わるため、産地によって焼き物に向く粘土、色、質感などの違いが生まれ、各窯場の特色の違いになります。
粘土には百の窯場があれば百の個性が存在すると言われます。 しかし、現在は色々な場所から土を取り寄せることが可能なため、その土地の土を使う伝統的な窯元以外の焼き物を「~焼」という分類では分けることが難しくなっています。


皿

陶器用語

・焼き締め陶器

薪窯の登窯や穴窯に成形・乾燥しただけの焼入れ前の陶器を入れ、薪で焼成し焼き締めた陶器のことです。
降りかかる薪の灰が熱で溶け、陶器表面で自然釉となり、土の成分と反応し景色や色を発色します。 これは窯変(ようへん)と呼ばれ、器の並べ方、焼成方法、炎の流れや勢い、土の成分など揚々の要素で多彩な変化が楽しめる陶器ができ、同じ物は二つとできず、まさに土と炎の芸術です。

・灰釉

釉薬の一種で、溶媒として灰を加えた高火度釉の一種で、もっとも原始的なものです。
植物の灰はナトリウム、カリウムなどのアルカリ金属を含み、これが素地の中の長石を溶かしてガラス化する役割を果たします。 マツ、カシ、ナラ、クリ、藁(わら)などの灰が主で、それぞれ特色のある発色・光沢を呈します。
灰が長石を溶かして窯中で自然に釉化したのが自然釉であるが、これを意図的に精製したのが灰釉です。

・粉引

素地に白泥を化粧掛けして素焼きし、さらに透明釉を掛けて焼成したものです。
粉を引いたように、白く柔らかく清らかで美しい釉面をしているところから、茶人によって名付けられました。 粉引の素地には鉄分を含んだ赤土(茶色の土)が使われます。
色合いは、素地や焼成によって白から生成、黄色味をおびたものなど微妙な違いがあります。


手作り


暮らしの陶器

・照明

趣深い陶肌、その隙間からもれる、あたたかく柔らかな光は、玄関先や庭園を優しい表情でいろどり住む人の心をそっと和ませてくれます。
庭、室内では温かなオレンジ色の陶の灯りで心が落ち着く静かな時間が流れます。

・茶香炉

心を癒し、お部屋のにおい消しにお茶の香りをお楽しめます。
ほのかな明かりとお茶の香りが、気分とお部屋をリフレッシュさせてくれます。

・手洗い鉢

陶器製の手洗鉢は、柔らか味のある質感がレトロな落ち着きを演出します。
焼き物の伝統技術をいかした、いまの生活空間に合うスタイリッシュなデザインの手洗い鉢・洗面ボウルは、 シンプルながらも個性的で高級感のあるデザインで、レストラン・旅館などのパウダールームや玄関、ディスプレイとして最適です。

プリウス インテリア


HOME | 陶器の食器 | 器の手入れ | 器の選び方 | 陶器の産地 | 技法 | 陶器と磁器